世界の健康と食の安全ニュース
日本の温泉は安全か?放射線のラドンは肺がんの原因となる:放射線と放射能
2013/07/05


1.世界保健機構(WHO)がラドン被曝と肺がんの因果を警告
2.ラドン・ガスが発生しやすいところはウラン鉱石含有地
3.ラドンに安全基準はありません
4.飲料水のラドン濃度
5.ラドン温泉は安全か?
6.放射線(radiation)と放射能(radioactivity)
7.ベクレル (Becquerels )(放射能の単位)とは
8.ラドン (radon:Rn)はウラン鉱石の放射性壊変物質
9.ウラン、ウラニウム(uranium:U)
10.ラジウム(radium:Ra)
11.トリウム(thorium:Th)
12.セシウム(caesium:Cs)137
13.シーベルト(sievert:Sv)とは


1.世界保健機構(WHO)がラドン被曝と肺がんの因果を警告
2005年6月21日、世界保健機構(WHO)は放射線のラドンが肺がんの重要な原因であることを
警告しました。
WHOに依れば癌(がん)の原因の6 %から15%がラドンに起因するそうです。
また、WHOは本年より2007年までの3年間の予定で、国際ラドンプロジェクト(the International Radon Project)を立ち上げました。
世界の研究者に呼びかけてネットワークを作り、認知度の低いラドン被曝の有害性を警告し、
対策を検討するためです。
WHOの今後の課題は、ラドンや放射線の知識を広め、ラドンの濃度の高い地域の世界的な
マップを作ることです。

 

2.ラドン・ガスが発生しやすいところはウラン鉱石含有地
ラドンは自然に存在する放射性のガス(radioactive gas)で、世界中どこにでも存在します。
日本も例外ではありません。
ラドンを形成するウランは地球上のどこにもあり、ウラン含有鉱石は100種類を超えるといわれます。
当然のことながら、濃度の高い地域はウラン鉱山、その他の鉱山、洞窟、温泉などが挙げられます。
大気中のラドンは土壌のウラニウムの存在でその量が左右されますが、
住宅地では、空気の澱みにより、室内、特に地下室、納戸、物置などで、より濃度が高くなります。

WHOは「住宅地でラドンの害を防ぐのは難しいことではない、
危険地域では建物の密閉性を高くすれば良い」と推奨しています。
課題は、どこもが未計測で、濃度の高い危険地域が、どこかが不明なことです。
WHOのマップ作りが急がれる所以です。

日本の温泉地では特にラドン(ラジウム)濃度が高いことを宣伝している場所が全国に相当数あります。
一般の温泉水も表面水の池、湖、水道水に較べれば濃度が高いといわれます。
また、井戸水など地下水の濃度も水道水より高くなります。
WHOで環境と放射線の健康を担当するマイク・レパチョリ氏(Dr Mike Repacholi)は、
ラドンが立方メートルあたり100ベクレル(Becquerels)を超えると、
75歳までの非喫煙者で最大1000分の1、
喫煙者はさらに、その25倍、罹病確率が高くなる(被曝が無い場合に較べ)ことを警告しています。

3.ラドンに安全基準はありません
ラドンには許容量というものがありません。そこまでの研究が進んではいないのです。
ただし、これまでの研究による一般的な目安として、
大気の場合は200-400ベクレル (Bq)/m3以内が行動基準(Action Level)として推奨されています。

4.飲料水のラドン濃度
井戸など地下水を使用している私的なシステムはラドン濃度が高くなる危険があります。
地下水はウラニウム、ラジウム含有鉱石に触れる可能性が高いからです。
ヨーロッパではホテル、集合住宅などに私的水道システムが多いために、ある程度の規制をしています。

世界的な地下水のラドン濃度の平均値はリッター当たり20 - 100 ベクレル(Bq)です。
2004年にWHOが通達した何らかの削減対策が必要な警告レベルは、リッター当たり100ベクレル(Bq)、
米国の警告レベルでは、リッター当たり150 ベクレル(Bq)となっています。
リッター当たり1000ベクレル(Bq)のラドン濃度は
室内空気の濃度100 - 200ベクレル (Bq)/m3に相当します。


5.ラドン温泉は安全か?
残念ながら、この記事ではコメントできません。
日本でがんの治療に人気のある温泉はラドンが豊富です。
放射線を売り物にする温泉(天然、人工があります)は、秋田県の玉川温泉、
鳥取県三朝温泉、山梨県の増富温泉、北海道長万部(おしゃまんべ)の二股ラジウム温泉、
首都圏でも綱島、秩父など全国に点在します。
新潟県阿賀野市の村杉温泉では、2766ベクレル(リットル当たり?)の高い濃度を売りにしていますが、
これはWHOや米国が推奨している基準、100-150ベクレルを20倍以上大幅に超えるものです。
人工のラドン温泉は、台湾の北投温泉で有名な北投石(ぺいとうせき)(現在は輸出されていない)や
類似の放射線鉱石を使用するそうです。

放射線ホルミシス学説というのがあります。「微量の放射線は有効な刺激効果として作用し、
健康上有益である」というものです。
日本の放射線温泉はこの説を根拠にしていることが多いようです。
世界保健機構(WHO)やアメリカ政府の放射線危険説と相反するものですが、
現在のところ日本では利用者の自己判断に任せられています。

6.放射線(radiation)と放射能(radioactivity)
自然界には様々な種類の放射線を出す物質があり、多少でも放射線を出す物質が放射性物質と呼ばれ、
放射能はその能力を指します。
放射線と放射能は同義語に使用されることも珍しくありません。
放射性金属物質はその原子核よりアルファ(α)線、ベータ(β)線あるいはガンマ(γ)線を放射し、
ラドンはアルファ(α)線を放射します。
その能力はベクレル(Becquerels)(Bq)で表示されます。
ウランやラジウムの状態では岩石、水などに存在しますが、ラドンは気体ともなります。

7.ベクレル (Becquerels )(放射能の単位)とは
ベクレルと名づけたのはフランスの物理学者であるアレキサンドル・ベクレル( Alexandre Edmond Becquerels:1820-91)。
1897年にウラン鉱石より放射線を発見。キューリー夫妻と因縁が深い、同時代の学者です。
アレキサンドルの一族には物理学者が多く、父親のアントワーヌ・セザール・ベクレル(Antoine César Becquerel:1788 - 1878))は
発光現象の著名な物理学者であり、子息のアントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel (1852-1908)は
放射線分野で1903年にキューリー夫妻と共に(Pierre and Marie Curie)ノーベル物理学賞を受賞。

1ベクレル(Bq)は、1秒間に1個の放射性核種が崩壊することです。

一般的に体積(水などはリットル)、重量あたり(キログラムなど)の放射能力を表現します。
ベクレルは平成元年4月以降にこれまでのキュリー(Ci)に変わって用いられるようになりました。
1キュリー(Ci)は 3.7×1010 ベクレル(Bq)。

8.ラドン (radon:Rn)はウラン鉱石の放射性壊変物質
ラドンは
原子番号86、ウラニウム鉱石から発生する放射能鉱物。
元となるラジウムとポロニウムはキューリー夫妻によりチェコ産のウラン鉱石より分離抽出されました。
ウラン鉱石の放射性壊変(decay chain of uranium)によりラジウム、ポロニウムが造られることが
判明した最初の発見です。
マイナスイオン化された放射線(ionizing radiation)のα線(alpha particles)を放出する
唯一の天然気体です。
大気中のごみ、水分などに付着して大気に漂い、呼吸気管に付着するとDNA(遺伝子核酸)に
損傷を与えて、肺がん(lung cancer)になる危険性が指摘されています。
ウラン系列のラドン(ラドン222)が主ですが、トリウム系列もあります。
水、油脂やトルエンに大変溶解し易い物質です。

ラドンは1900年フレデリック・ドルン(Friedrich Ernst Dorn)によって発見されました。
当初はラジウム放射物(radium emanation )と呼ばれましたが、
1923年にラムゼイ(William Ramsay)、グレイ(Robert Whytlaw-Gray)らによって
質量が決定され、最も重いガスとしてラドンと呼ばれるようになりました。

9.ウラン、ウラニウム(uranium:U)
天王星(Uranus)に因んで命名された、原子番号92の天然元素の中では原子番号が最も大きい金属。
比重が18.7で天然に存する元素のうち一番重い。
質量 238、 235、 234の同位元素(アイソトープ)が存在します。
ウランは原子力発電の核燃料に用いられているものです。原子力発電に使用されるのは235。
豊富にある238に比べ総量の1%もない希少な金属.
ウランは放射性壊変(decay chain of uranium)を繰り返して安定的な鉛に変わっていきますが、
その過程で生じるのがラジウムやラドンです。

10.ラジウム(radium:Ra)
原子番号88。天然に存在する代表的な自然放射性元素。
天然ラジウムは放射線源、発光塗料などに使われていました。

11.トリウム(thorium:Th)
原子番号90。灰色の金属。天然トリウムの大部分はTh 232です。
これは核燃料物質ウラン233になる重要物質です。
トリウムは摂取されると骨に沈着し、α線を放出します。
含有鉱石はホウトリウム(Thorianite)、トール石(Thorite) 、モナズ石(Monazite)が有名です。

12.セシウム(caesium:Cs)137
原子番号55.133,134、135、137などの数字は質量の相違。
137は核爆弾、原子炉から大量に生成されるセシウム。
半減期が30年と長く、量が多いために最も危険な放射性物質といわれている。

13.シーベルト(sievert:Sv)とは
スウェーデンの放射線学者マキシミリアン・シーベルト(Prof.Rolf Maximilian Sievert :1896 – 1966)の
名にちなんでシーベルトと呼ぶ放射線量の単位。
マキシミリアン・シーベルトは微量の放射線の有害性、放射線に繰り返し曝露することによ
る癌(ガン)などとの因果関係解明に尽力。

国際放射線防御協会(International Radiation Protection Association)を設立した。

現在使用されている、シーベルトは放射線防護の目的に用いられている放射線量の単位。
一般的に時間当たりで表します。
各放射線のグレイ(Gy)と呼ばれる単位の物理的線量を計算基準にしています。
グレイは放射線が物質に照射されたとき、吸収したエネルギー量を表します。

胃のレントゲンが大体3-4ミリシーベルト(mSv)。
体の中心部をCTスキャンすると10ミリシーベルト(mSv)ぐらいの量になるといわれます。


(広告)
ノギボタニカルのサプリメントは食材として数百年以上歴史のある
天然健康素材を選んでいます.
永いご使用に耐える安全性を重視しているからです。
下記商品はこちらをご参照ください

100%天然のブドウから抽出.ブドウの新芽とCoQ10とケルセチンを加え天然ブドウだけが
持つバランスがとれた栄養効果と安全性を確保しています。




https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=36

https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=1011
 
 

↑ページの先頭に戻る


 本サイトが掲載する情報・画像等は、提携サイトの湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。
著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。
商業目的に記事を引用、転写する場合は、引用:一項30,000円、転写:50,000円となります。

Copyright NOGI-BOTANICAL All rights reserved. 
本サイトが掲載する情報・画像等は、広告主の湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。