健康と食品の解説
ブドウ・レスベラトロールが関わる一酸化窒素合成(NO)と
サイクリックジーエムピー(GMP)の産生
2013/06/14

ノギボタニカルではNO(一酸化窒素)の合成に関与するシトルリンとブドウ・レスベラトロールの
役割解説を自動車のエンジンに例えています。
燃料(原料)となるガソリンの役割がシトルリン。
シトルリンは一酸化窒素そのものに変換されるアルギニンを合成します。
重要なことはシトルリンがアルギニンを体内合成させることです。
別途摂食したアルギニンではNO体内合成に役に立ちません。
ガソリン点火やガソリン、空気の噴射量を調節するバルブ、センサーなどを起動させる
電気の役割がブドウ・レスベラトロール。
燃料となるシトルリンに較べて、ブドウ・レスベラトロールの働きは、電気同様に多様で複雑です。
レスベラトロールは一酸化窒素合成に必須な窒素合成酵素の産生を助け、心臓血管病やEDの予防、
治療に主要な役割を果たす(血管平滑筋を弛緩させる)
情報伝達物質サイクリックジーエムピー(GMP)の産生に関与します。

シトルリンは一酸化窒素合成に必須の原料ですが、血管平滑筋弛緩に作用するシ
グナル伝達物質(サイクリック・ジーエムピー)を生成するわけではありません。
窒素の役割はサイクリック・ジーエムピーを活性化させることです。
 

1.窒素合成酵素の産生を助けるブドウ・レスベラトロール
2.血管内皮の一酸化窒素合成酵素(eNOS)
3.ブドウ・レスベラトロールはATP産生を活性化する
4.ATPがサイクリック・ジーエムピー(cGMP)産生に関与する
5.文中用語の英文


1.窒素合成酵素の産生を助けるブドウ・レスベラトロール
NO(一酸化窒素)合成に関与するブドウ・レスベラトロールの機能は窒素を作り出すために必要な
*窒素合成酵素(NOS)の産生を援助する作用です。
心臓などの血管内皮は加齢や高脂血などにより、酸化した低密度リポ蛋白(LDL)が蓄積し、
機能低下を招きます。結果は血管がしなやかさを失い硬化します。
血管内皮細胞の機能低下は、ここで作られる窒素合成酵素の産生低下に繋がります。
レスベラトロールには血管内中性脂肪、低密度リポ蛋白(LDL)などの酸化を防ぐ作用が知られており、
血管内皮を酸化脂質の損傷から守ります。

2.血管内皮の一酸化窒素合成酵素(eNOS)
窒素合成酵素はかっては*血管内皮由来弛緩因子と呼ばれていました。
ところが血管内皮だけで合成されると思われていた一酸化窒素(NO)は、あらゆるといっても
過言で無いほど体の様々な部分の細胞で作り出されることが解ってきました。
したがって神経系、免疫系など、部分によって合成酵素はいくつか種類がありますが、
血管内皮で作り出される*eNOSとよばれる酵素が心臓血管病やED治療に重要な役割を果たします。
血管内皮は血管平滑筋に隣接しますが、ガス状の情報伝達物質である一酸化窒素は
それらを構成する細胞間を自由に出入りして、
血管平滑筋弛緩に作用する物質(後述)を活性化します。
eNOSのeは血管内皮(endothelium)の頭文字です。

3.ブドウ・レスベラトロールはATP産生を活性化する
 様々な機能を持つブドウ・レスベラトロールの最大機能は細胞内小器官
(ミトコンドリアなど)の活性化。
生体エネルギーの産生で最大のものがミトコンドリアでの*ATP(アデノシン三燐酸)産生。
ブドウ・レスベラトロールはミトコンドリア量を増やし、最大限のエネルギー産生を促進します。
「ATPとは」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=147

4.ATPがサイクリック・ジーエムピー(cGMP)産生に関与する
レスベラトロールが増産させるATPは*グアノシン三リン酸(GTP)にも変換する分子です。
このグアノシン三リン酸(GTP)が血管平滑筋に作用して血流を増大させるcGMP(後述)の
原資となります。
グアノシン三リン酸(GTP)は細胞内に存在する酵素 *(SGC)により、
環状グアノシン一燐酸を合成します。
環状グアノシン一燐酸は*サイクリック・ジーエムピー(cGMP)とも呼ばれ、
情報伝達物質(シグナル伝達物質)として
血管平滑筋の弛緩を指示し血流を増大させます。
窒素が活躍するのはサイクリック・ジーエムピー(cGMP)を合成する酵素(SGC)の活性化です。
このように合成されたサイクリック・ジーエムピー(cGMP)にも、
その濃度調整に働く(阻害する)酵素があります。
*ホスホジエステラーゼ(PDE)とよばれるものです。窒素をスムースに供給することで、
この酵素(PDE)に調整されない(阻害されない)
濃度のサイクリック・ジーエムピー(cGMP)を合成する必要がある由縁です。
ED治療にはこの酵素(PDE)の働きを阻害する医薬品(バイアグラ、レピトラなど)を
使用する方法と、それに負けないように
cGMPの濃度を増やす二通りの方法があります。
ホスホジエステラーゼ(PDE)には重要な役割もあり、これを阻害するのは不自然で、
副作用が懸念されます。
サイクリック・ジーエムピー(cGMP)の濃度を高める工夫が自然であり、
より安全なのはいうまでもありません。

5.文中用語の英文
*エーティーピー(ATP)(アデノシン三燐酸:adenosine triphosphate) 
*ジーティーピー(GTP)(グアノシン三燐酸:guanosine triphosphate)
*サイクリック・ジーエムピー(cGMP)(環状グアノシン一燐酸:guanosine monophosphate )
*可溶性グアニル酸シクラーゼ (SGC):guanyl cyclaseまたはguanylate cyclase) 
*一酸化窒素合成酵素(NOS:nitric oxide synthase) 
*血管内皮由来弛緩因子 (EDRF:endothelium-derived relaxing factor)
*血管内皮型NO合成酵素(eNOS:endothelial NOS) 
*ホスホジエステラーゼ(PDE:Phosphodiesterase) 

(広告)
ノギボタニカルのサプリメントは食材として数百年以上歴史のある
天然健康素材を選んでいます.
永いご使用に耐える安全性を重視しているからです。
下記商品はこちらをご参照ください

100%天然のブドウから抽出.ブドウの新芽とCoQ10とケルセチンを加え天然ブドウだけが
持つバランスがとれた栄養効果と安全性を確保しています。

https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=28

「ブドウ・レスベラトロールが関わる窒素合成と
サイクリックジーエムピー(GMP)の産生」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=66
エネルギー源となるエーティーピー(ATP:アデノシン三リン酸)とは
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=147
「バルクワインの重金属汚染と無添加ワインのからくり」
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=448

「ヒジキなどの食品ヒ素に肺がんリスク:国立がん研究センター」
ヒジキは必ずしも健康食品ではありません
http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=123


https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=36

https://www.botanical.jp/item_view.php?item_number=1011


↑ページの先頭に戻る


 本サイトが掲載する情報・画像等は、提携サイトの湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。
著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。
商業目的に記事を引用、転写する場合は、引用:一項30,000円、転写:50,000円となります。

Copyright NOGI-BOTANICAL All rights reserved. 
本サイトが掲載する情報・画像等は、広告主の湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。