しらす・さぶろうの日本人がんばれ!! 
北海の蟹漁(かに)最前線は太平洋戦争の激戦地:
アリューシャン列島アッツ島の玉砕
2017/08/14
終戦記念日が近くなるとマスメディアを賑わすのが太平洋戦争の回顧録。
恐ろしく、悲惨な戦争の体験談を経験者が語り継ぐのは後世のために重要なこと。
特に経政官界のリーダーはほとんどが大戦後生まれで軍、警察、省庁の権力乱用の
実態を知らない世代。
国民も体験者が少なくなり、声が小さすぎるのか、戦後に占領軍主導で奪い返した国民主権を
元に戻す動きがありますが、少しでも抑制するために、太平洋戦争の実態を明らかにし、
記録するのは重要なことでしょう.
 
            ウナラスカなどアラスカ州に多いハクトウワシ
       (白頭鷲Haliaeetus leucocephalus)はアメリカ合衆国のシンボル
                 
アラスカ州から細胞内の染色体のように細く、長くベーリング海に横たわるアリューシャン列島。
(Aleutian Islands :大きな島だけで55島、内14島は火山島)
水産関係者なら誰もが知るカニ、タラなど北洋水産物の漁業基地と水産加工基地があります。
アリューシャン列島先端部分のキスカ島(Kiska Islands )とアッツ島(Attu Islands)は
太平洋戦争開戦当初の戦略で日本軍が上陸した米国領土。
アッツ島は占領した日本軍守備隊の悲劇の玉砕があった、知る人ぞ知る激戦地です.
現在でも米海軍基地がおかれています。
 
タラバガニ(上)ハナサキガニ(花咲ガニ:Paralithodes brevipes )(写真下)
            

写真上)茹でて赤くなるのがズワイガニ.食卓を飾るオード―ブルの華.
     境港など日本海産が有名ですが、活きたオスは非常に高価.
(写真下左)水揚げ時に赤いのは紅ズワイガニ.最も漁獲量が多く、
      安価なカニです.

 
(写真上右)タラバガニはカニの王様.極近似種にアブラガニがあり、
 日本では安価になりますが、お買い得なカニです.
 タラバガニは大型ほど価格が高く、最近は庶民には手が届かなくなりました.

                             

      カニの種類など詳細は下記にロハスケの解説がありますが写真は重複しています.
         http://www.botanical.jp/library_view.php?library_num=248


アリューシャン列島の水産業の拠点となるウナラスカ島(Unalaska islands)は
フォックス島(Fox islands)を構成している島。
ロシア海軍のベーリング*に発見されたといわれる大きな島です。
日本軍が守備隊を配置したアッツ島はアラスカ半島より約1,600㎞は離れていますが
ウナラスカ島は列島の中間点より西寄りの最大人口の島。
先住民は(Aleut:アリュート族、アレウト族)またはUnangan(ウナンガン)と呼ばれ、
その歴史は8,000年以上もさかのぼるそうです。
1800年代にはウナラスカ島のダッチハーバー(Dutch Harbor)がカワウソやラッコの
毛皮取引所として栄えた歴史があります。
その後タラやニシン漁が盛んになりましたが、現在はベーリング海(*Bering Sea)での
タラバガニ、ズワイガニ、スケトウタラ漁が中心.
(*Ivan Ivanovich Bering:ロシア海軍所属のオランダ人探検家)
現在の人口は3,000人から5,000人.定着している島民登録者は4,200人くらい.
不定期滞在者が多いようです.漁業のシーズンには季節労働者が1万人を超えます.
季節労働者はフィリピンを始めベトナム、アフリカの人達. 中国人、韓国人は居ません。
すでに漁業関連権益が固定しているからです。

春から夏のシーズンは釣りをする人、海洋研究、調査をする人などで賑わいますが、
ウナラスカ(Unalaska)にはホテル、スーパー、レストランが、それぞれ1軒のみ。
漁業関連業者は寮が完備しており、関連ゲストもそこに泊まれます。
 
写真上右はウナラスカ島のダッチハーバーと水産加工拠点の一つ
ケダック島(Kedak)の拡大衛星写真
写真上左は上段地図の衛星写真.
アンカレッジからウナラスカ島とケダック島への位置を示しています.

        
            ウナラスカには国際空港があります.
           アンカレッジから飛行機で2時間30分くらい

 
ダッチハーバー空港に隣接するビジター・センター*.太平洋戦争の
メモリアル・ミュージアムがあります.
*Aleutian World War II Visitor Center
冷静になって太平洋戦争の実態を見つめるのは再発防止に必要なこと.
太平洋戦争のメモリアル・ミュージアムは世界各地にありますが、激戦のあった
地域に必ずあるわけではありません.

ウナラスカ(Unalaska)の中心地ダッチハーバー(Dutch Harbor)には中距離ジェットの
空港があり、列島最大の水産基地となっています。
ダッチハーバーは1942年6月にアリューシャン作戦の中心地として日本海軍航空機の爆撃を受けました。

列島先端に近いアッツ島守備隊の玉砕者は約2,700人くらいといわれていますが、
作戦全体の軍人、民間人を含めた死者総数はその何倍もだったといわれます。
アジア各国や中国大陸など他の激戦地に較べれば大きい数字ではありませんが、日本軍が
制空、制海権を持ちながら、守備隊への武器弾薬、食糧の補給が絶たれ、
最後は手ぶらの突撃しか選択肢の無かった北海の孤島アッツ島の悲劇的玉砕。
時の政権や大本営の権力者、指導者のご都合主義、利己主義が如実に現れ、
10代、20代の若者を見殺しにした例として語り継がれています。
 
(写真下)
ダッチハーバー急襲を含むアリューシャン作戦を指揮した連合艦隊総司令官山本五十六元帥の
写真が飾られています。


列島各地で最大の水産加工会社は1973年創業のトライデント社(Trident seafoods).
トライデント社は比較的新しい会社ですが、コナグラ社(ConAgra)、
タイソン社(Tyson)、ニチレイ食品(すり身部門)をはじめ、
多数の大食品会社の水産部門を吸収合併して、現在の水産加工業の規模は全米一といわれます。
日本の進出企業は世界最大の水産加工会社といわれるマルハニチロ社傘下の
ウェスト・シーフード社(Westward seafood)と
日本水産株式会社(ニッスイ)傘下のユニシー社(UniSea).
下の写真はトライデント社の会社案内.
  
                        
                                写真上は帰港したズワイガニ漁業船.
                        タラバガニ、ズワイガニ漁各々の最盛期は一攫千金を狙う季節労働者が群がり
                         腕の良い漁師は一航海で1,200万円くらいの収入となるそうです.
                         

 取材:サルバトーレ松波


 
 
 
↑ページの先頭に戻る


 本サイトが掲載する情報・画像等は、提携サイトの湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。
著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。
商業目的に記事を引用、転写する場合は、引用:一項30,000円、転写:50,000円となります。

Copyright NOGI-BOTANICAL All rights reserved. 
本サイトが掲載する情報・画像等は、広告主の湘南情報サイト「ロハスケ」編集部より提供されています。著作権は「ロハスケ」編集部に属します。
権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用をすることを固く禁じます。